忘年会でフィリピンパブやタイバブに行くぐらいなら、日本人のキャバクラに行こう

フィリピン投資格付け

一時期フィリピンパブで随分お金を使った時期もありましたが、今では全く行かなくなってしまいました。もちろん資金がないのもありますが、興味が薄れてしまったのが最大の要因です。私の友人なんかはタイバブで遊んでいるようです。

フィリピンパブやタイパブ、中国パブなど開発途上国の人がホステスのパブは中年に人気があります。なんといっても中年のおじさんたちに対して擬似恋愛を提供してくれます。これは日本人女性のクラブやキャバクラでは敷居が高く、お金も結構かかります。

外人パブのホステスが中年の私達に提供してくれるサービスを一度体験すると、日本人女性のクラブなんかが蛋白に思えてしまいます。外人ホステスは飲み屋で遊べるおじさんたちがどうすれば喜んでくれるか、どうすれば自分に対してお金を払ってくれるかを研究しています。

でも、最近になって思うのは外人パブに行って日本円をせっせとつかったとしても、そのお金の半分以上は彼女たちの国に送金されてしまいます。そうなってしまいますと、日本円が日本で消費活動として使われないのです。

日本人女性のキャバクラ・クラブや風俗であれば、鼻の下をこれでもかと伸ばした男たちのお金は日本で消費されますが、海外に送金されてしまいますと日本円は換金され、海の向こうの国々で消費されてしまいます。

せっかく日本で稼いだ金をわざわざ海外に送金する必要はありません。

外人パブで日本円を使う回数をちょっと減らして、日本人のキャバクラやクラブに皆で行きましょー!(笑

スポンサードリンク

 

下記のバナーをクリックして頂けますとブログに10ポイント加算されます。1日1回のみ有効です。ご協力、宜しくお願い致します。
にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 一本どっこ
    • 2011年 12月 09日

    帰京中近くの日本語センターの中国人、韓国人に家の掃除のバイトを頼み彼女達に聞くと日本で働いる人達も送金してませんね。日本人旦那のタイ人も同様です。彼らは生活に追われる事もあるのでしょうが国内消費です。新宿界隈で働く(風俗系ではありません)マレーシア華人、ミャンマーも同じです(以前所有していた木賃アパート住人)共通するのは貯金志向、帰国後商売を考えてます。
    嫁がスーパーで知り合ったフィリピン女性は(日本人と離婚)送金してるとか。
    程度の差こそあり彼女達は裕福でありません。
    この違いは国民性でしょうか?

    本題とそれますが、食材費を渡し頼むと彼女達は喜んで家庭料理を作ってくれます。
    女房は韓国料理を覚え中国調味料販売店を知り現住地でメイドから教わった家庭料理を作ってました。
    我家は以前から外国人の溜り場でWorking holiday滞在者が住み着いていた時期もあります。

    余談ついでに。他のアジア諸国ではマニラで見られるような日がな一日ボーットしてる人が少ないでだけでなく、何故それほど忙しいのだと思うほど動き廻ってます。
    この辺に他国の後塵を拝し続ける原因があるのでしょう。

      • タイガー
      • 2011年 12月 09日

      一本どっこさん

      ちょっとホッとしました。送金額の多さはフィリピン人が郡を抜いてる?かも知れませんので、フィリピンパブに行く人は、ちょっとだけ我慢してもらって、国内消費に回していただくということで。(笑

      アジアはマニラとバンコクしか知りませんので一概には言えないのですが、安全度は圧倒的にバンコクでした。強引な物売りや浮浪者っぽい人の数の差は歴然でした。ホテルやレストランのサービス具合はたいして変わらなかった印象です。

      バンコクでも治安は油断できませんが、日本からタイへの渡航者の数が証明してますね。

      何度か書きましたが日本もからゆきさんを輸出するぐらいの貧困国で、フィリピンはアジアのハワイと言われた時期もありました。30年もしないうちに今の変わり様です。裏を返せば、日本が経済大国でなくなるには30年もかからない可能性も十分にありますよね。

      そうならないために必死で働いて、必死で教育し続けることを怠りたくないですね。

qlock

QLOOKアクセス解析
ページ上部へ戻る