ASEANと日本の経済指標

ASEAN一人あたりGDP

ASEANの経済指標をメモとして保存しておきます。一人あたりGDPは2007年にシンガポールに日本は抜かれています。シンガポールは小国ですが、成長率も高く、各国からの頭脳を迎え入れる制度が整っている国です。インドネシアやフィリピンのようにハラハラするような面白さには欠けますが、ビジネスや居住を考えると視野に入る国ではないでしょうか。

 

一人当たりの名目GDP(USドル)の推移(1980~2012年) - 世界経済のネタ帳

 

ASEAN一人あたりGDP

 

 

名目GDP(USドル)の推移(1980~2012年) - 世界経済のネタ帳

 

ASEAN GDP

 

<<<<<<<<<<  ブログ村ランキングに参加しています  <<<<<<<<<<<<

にほんブログ村 海外生活ブログへ  
上記のバナーをクリックして頂けますとブログに10ポイント加算されます。
1日1回のみ有効です。ご協力、宜しくお願い致します。
>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • Boss.K
    • 2012年 11月 13日

    シンガポールは目覚しい発展を遂げていますね。
    国も綺麗だとききます。
    日本のODNも有効に使ってるとか…。

    フィリピンがインフラ整備されシステムが確立されれば
    日本はまた越されそうな気がします。
    その前に…日本って国がなくならなければ良いのですが…(苦笑)

      • タイガー
      • 2012年 11月 14日

      Boss.Kさん

      シンガポールも実質一党独裁の国ですが、中国とは随分様子が違いますよね。華僑が殆どを占めているはずですが、国民性は随分違います。

      >フィリピンがインフラ整備されシステムが確立されれば

      以前フィリピンはアジアの星と呼ばれ、フィリピンは日本よりもはるか上位に位置する国でした。それが、たった数十年でフィリピンはASEANの下位国になっていました。

      国の根幹である教育に投資しない国に高いパフォーマンスは望めません。

      残念ながらフィリピンの経済成長は周りのASEANに引っ張られる程度だと思っています。

      日本はまだ年間2~3%の成長率ができるポテンシャルをもっていますが、これほど金融と政治が腐っていては数十年後、中国に食われていても不思議ではないですね。(すでにCIAに中枢は抑えられてますが…。悲)

      そうならないためにも我々の世代が未来の日本を作る子供たちに、必死に教育していかなければなりません。また腐った政治家を選ばない目を養うことが必要だと常々感じます。

qlock

QLOOKアクセス解析
ページ上部へ戻る