フィリピン・マニラの”困窮日本人”はいかにして生まれるのか?

困窮邦人

掃いて捨てるほどあるフィリイピンで困窮に陥る人たちの事例がかかれています。フィリピンにお住まいであったり、何度も往復されている方であれば当たり前の情報ですが、一応掲載します。

マニラにある日本大使館には、3日に1人の割合で、異国の地でホームレスになった日本人がやってくる。そのほとんどが高齢の男性で、「困窮邦人」と呼ばれている。

フィリピンだけで年間100人という数に驚くかもしれないが、これは2011年の数字で、前年(2010年)の海外援護統計では332人と、毎日1人の割合でマニラの大使館やセブの出張駐在官事務所に一文無しになった日本人が駆け込んできた。

ちなみに、国別の困窮邦人は2位がタイ、3位がアメリカ、4位が中国、5位が韓国となっているが、フィリピンだけで全体の半分近くを占めておりその数は圧倒的だ。

困窮邦人の激増は現地の日本人のあいだではよく知られていたが、その存在を広く日本社会に知らしめたのは、マニラ在住のノンフィクションライター水谷竹秀氏の『日本を捨てた男たち』(集英社/第9回開高健ノンフィクション賞)だ。 

この本の冒頭で紹介される困窮邦人・吉田正孝(仮名)の生活は衝撃的だ。

続きはこちら

今は他人事のように感じますが、日本国内にいても同じように貧困層に陥らないとは言いきれません。ましてや海外でのホームレスとなると、解決の方法が見つからず、そのまま行方不明になってしまい、人知れずして…ということもあり得ます。

十分な情報を耳に入れていても人間は判断を誤り間違いを犯してしまいます。判断力があって信頼のおける人と連絡を取り合うことは、国内外問わず、生きていくうえでとても大事なことでしょう。



下記のバナーをクリックして頂けますとブログに10ポイント加算されます。1日1回のみ有効です。ご協力、宜しくお願い致します。
にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (10)

    • Boss.K
    • 2013年 4月 20日

    フィリピンは物価が安いと思ってる人は
    先ず失敗します。決して安くないです。
    日本人が普通に生活するにはそれなりの
    費用がかかるのです。後は女性に嵌る人。
    これも危険。そして1番の問題は真面目な
    日本人を不良日本人が騙すセットアップ。
    やはりここは外国。自分の身は自身で
    守らないと生きてはいけません。

      • タイガー
      • 2013年 4月 20日

      Boss.Kさん

      確かに物価は安くないですね。日本と同生活をしようとすれば、
      日本より高くなりますよね。

      女性…。これだけネットが発達していろんな情報を得ることが
      出来ても、自分だけは違うと思い込みお金をつぎ込む場合も
      あるんでしょうね。

      セットアップってホント怖いですね。

      数年前までセットアップっていう言葉自体知りませんでした。
      途上国は政府や警察も賄賂が効きすぎてしまいますので、
      下手すればどうとでもなってしまいますもんね。

      仰るように自分の身は自分で守るが鉄則ですね。

  1. 女と金にだらしない奴は、何処の国へ行ってもダメ!生きて行けなくなりますよ!

      • タイガー
      • 2013年 4月 21日

      Leoさん

      確かにそうですね。

      気をつけたいのは自分のピントが合っていたのに、
      少しずつピントがずれてしまい判断を誤ってしまう場合があります。

      そういった時に、アドバイスしてくれる友達が周りにいないと
      土ツボにはまってしまいますね。

    • daddy
    • 2013年 11月 03日

    私ビサヤ在住のものです。私のところにもホームレス日本人51歳を2012年から現在も面倒をみています。彼は、日本で借金をして、闇の世界の人達にここフィリピンに連れてこられました。いわゆる偽装結婚でパスポートも取り上げられ使い物にならないとわかると彼を捨ててきました。そんな時私と出会い、私の家でステイする事になりました。でもこのまる3年間彼はやっぱり駄目男です。私の所のお店のお金をチョロマカシ外で酒を飲み私の地元のフィリピン最大のドラッグストアーで万引きをして、警察に逮捕され幸い私の妻の身内が警察官のチーフだたので、示談してもらうよう話をしたのですが、フィリピン最大のドラッグストアー返事が着ません。地元の市長が私の二ノンなのでお願いし、今回だけは不問にしてもらい、示談交渉し、彼は檻の外へ私も人が善すぎますね。彼は幸せかも知れないこのフィリピンでもっとひどい生活の日本人ホームレスがいるのにここは、海もあり、おいしい魚も食べ物もありタバコも吸える。でも彼は日本の事をあまり話さない。私も聞きません。大体の事は、予想が付きます。こんなお人好しの私ですが、笑いたい人どうぞ笑ってチョ

      • タイガー
      • 2013年 11月 04日

      daddyさん

      窃盗までした人を面倒見切るのは中々できることではないと思います。

      私の場合は自分のことで精一杯で、人様のことを継続的に面倒見れるような
      余裕がありません。

      一人の人間を継続的に面倒見るのは大変なことだと思います。

      居候している方が、daddyさんの期待を裏切るようなことを再度する可能性は
      高いと思います。そういった可能性も含めてフィリピン生活を楽しんでください。

    • daddy
    • 2013年 11月 04日

    ありがとうございます。私はマイペースで、彼を教育していきます。彼は日本人魂を忘れた放浪者。いつかきっと日本人である事を思い出して、立ち直り彼の兄弟に自分から電話をし、1日も早く和解する事。コレ幸い。彼に携帯電話をもたしてるけど でも何を恐れてるのかわからない、私の妻と3人の子供達は日本で生活をしてるから、一言お願いしますで、息子達が彼の力になれるのに日本の戸籍謄本だつて、大阪まで取りに行く事だってでも、彼は相当心が病んでる現実逃避 そんな時は肉体労働、フィリピン人と一緒に頑張ってもらいます。仏の顔をした悪魔のdaddyでした。

      • タイガー
      • 2013年 11月 05日

      daddyさん

      ご家族との仲が悪い方は結構いますよね。原因は多種多様ですが、
      ほぼ縁を切ってしまっている方も見かけます。

      私も含めて多くの方は体裁よく関係を保ったり、当たらず障らずで
      自分に被害が無いように問題児とは距離を置きます。

      しかしdaddyさんのように長い目で人を見る力や教育という視点があれば、
      居候されている方もいつか変わる可能性があると思います。

      ご苦労様ではありますが、daddyさんの生活に支障がない程度で、
      彼を教育してあげてください。応援しています。

    • daddy
    • 2013年 11月 05日

    駄目な兄が一人出来たと思いマイペースでいきます。私の地元も田舎ですが、来年イミグレーションの事務所ができ、外国人調査が始まってます。彼は、妻の実家の方で農業全般を手助けします。前回の調査でイミグレーションのインタビューを受けました。彼は怖がっていましたが、さすがフィリピン お金の無いホームレスと判ると、この家でオトナシクしてなさい。の一言で帰りました。私も地道に頑張ります。長い話を付き合ってもらい、ありがとうございました。

      • タイガー
      • 2013年 11月 07日

      daddyさん

      流石フィリピンですね。ちょっと笑ってしまいました。

      お体にはくれぐれも気を付けてください。

      今後ともよろしくお願いいたします。

qlock

QLOOKアクセス解析
ページ上部へ戻る