アメリカ型分断社会が日本に訪れる可能性は十分にある

富裕層と貧困層

アメリカの格差が完全に固定化し、富める者はさらに富、貧困層は二度と這い上がれない社会が形成されています。アメリカの富裕層は自分たちが支払った税金が、貧困層ばかりに使われていて自分たちに使われていないと不満を持つようになりました。
 
そこで富裕層たちは団結し、自分たちが支払う税金がきちんと自分たちに使われる市を作りました。
 

富裕層の動きを後押ししているのが、同じジョージア州で大きな成功を収めた市の存在です。州の北部にある人口9万4,000人のサンディ・スプリングス市です。市民の平均年収は1,000万円近く。医師や弁護士、会社経営者などが多く住む高級住宅地です。
 
市が誕生したのは2005年。住民投票で94%の圧倒的賛成を得て、それまで属していたフルトン郡から分離したのです。貧困層に多く配分されていた税金を取り戻そうという主張が、富裕層だけでなく中間層にも支持されたのです。

 
この動きによって全米各地の富裕層が動きはじめ、自分たちで市を作り出しています。富裕層が運営する市は警察など一部の機能を除き、すべて民営化され、徹底した効率化を図っています。
 
サンディ・スプリングス市で必要だと思われた予算は50億円でしたが、効率化によって予算は20億円を切るようになりました。
 
いつもの応援クリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
 
スポンサードリンク

 

富裕層と貧困層を分断することが快適?

 
余った予算を富裕層の市民たちはセキュリティに投資します。安全な街を皆望んでいるのです。民間の救急センターでは10秒以内に電話を取ることが義務付けられ、90秒以内に警察や消防が出動します。
 
早ければ2分で現場に到着することが出来るぐらい訓練され、効率化も図られています。市民の9割が公共サービスに満足しています。この快適な街の噂を聞き付けた別の州の富裕層が、全米から相次いで流入し人口が増えています。
 
富裕層が集まる地域にさらに富裕層が集まり、税収は増え、安全レベルが上がり、教育水準も上がりますので、非常に好循環な地域のようです。この富裕層ばかりが集まる地域が、全米で作られつつあります。
 
富裕層と貧困層
 
一方で、富裕層が出て行ってしまう地域は税収が減りますので、公共サービスが問答無用で削減されます。警察官、医者、看護師なども減り、治安が益々悪化します。さらには刑務所の経費も削減されてしまい、犯罪者を収容できないため、開放してしまい街に犯罪者が溢れています。
 
もはやアメリカは国ではなく、アメリカ株式会社と化しています。私はこの流れの中に日本も入っていると思っていて、TPPによってあらゆる公共サービスに対し、アメリカ企業が参加しやすいように民営化の圧力がかかるはずです。
 
民営化によってコストカットを行い、運営費を下げるのは素晴らしい反面、多くの人の雇用を失い家庭を貧困に陥らせてしまいます。貧困になればなるほど高い水準の教育を受けることが出来ず、負の連鎖が始まります。
 
アメリカ型の分断社会はすでに日本に押し寄せつつあると感じます。自分がどちらに所属したいのか、若しくは大きな流れに徹底抗戦するのか…考えざるを得ません。
 
スポンサードリンク

 

下記のバナーをクリックして頂けますとブログに10ポイント加算されます。1日1回のみ有効です。ご協力、宜しくお願い致します。
にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • あおいーく
    • 2014年 8月 14日

    まさに日本の政治に欠落してるポイントですね!
    税金の使い道が不透明で、高所得層が取られ損。
    税金が、ホントにより良い生活に繋がるか否か?
    特産品が貰える、ふるさと納税の活況を見れば判る様に
    どうせ払うなら自分の利益に繋げたいのが普通でしょう。

    意味不明な、○○特区などに注力せず、
    日本人に受け入れられるか否か、高額納税者自治特区
    試してみる価値が有ると思います。

    乱暴な考えですが、経営力の無い自治体は消えて、
    新たな能力者によって生まれ変わるのも案かと思います。

    • タイガー
    • 2014年 8月 14日

    あおいーくさん

    >乱暴な考えですが、経営力の無い自治体は消えて、
    >新たな能力者によって生まれ変わるのも案かと思います。

    乱暴です。(笑

    私が書いた記事の本位が伝わっていませんでした。記事の書き方が
    悪かったですね。

    私が伝えたかったのは、国や政治に何かを期待しては危険で、
    何が起こっても自分で生き延びる力を付けておきましょうと言うことです。

    日本だけではなく、どこの国も格差が広がる社会を形成しています。
    ですから日本だけがまずいのではなく、どこの国も似たり寄ったりだと
    思っています。

    特に親米国は格差社会が顕著です。欧州の一部は頑張っていますが、
    アングロサクソンにどこまで抵抗できるかでしょう。

    私の本心は以前の一億総中流ですが、無理なので少しでも
    今の収入や環境を手に入れれるように知恵を絞って頑張りましょう。

qlock

QLOOKアクセス解析
ページ上部へ戻る