韓国人の70%が他国へ移民したいと願ういびつな国の形

ホームレス生活・アメリカ

韓国と中国に嫌悪感を抱く日本人は増えていますが、隣国はグローバル化された典型国ですので動きを常に監視しなければなりません。米中で反目になっている風な報道がありますが、根っこでは資本家同士繋がっています。
 
韓国は通貨危機の際にIMF管理下に置かれ、国が国ではなくなり、ますますグローバル化されつつあります。韓国国内の人権を可能な限り下げて競争力を高め、サムスンなどの輸出企業がグローバル市場で競争に打ち勝って利益を上げます。
 
この国の在り方は、多国籍企業や国際金融資本がアメリカをグローバル化させたのも全く同じ例です。国民の人件費を削れば、給料が下がり雇用そのものが減少します。
 
いつもの応援クリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
 
スポンサードリンク

 

自国から脱出したい韓国国民

 
給与が下がり、雇用が減少していけば国民の所得は減っていきます。株主や資本家は人権が下がることで、さらに大きな利益を手にします。国民が貧困化すればするほど人件費は下がり、株主は利益を手にします。
 
先進国のアメリカ、中進国の韓国の人件費はドンドン下がっていますので、グローバル企業にとって都合の良い国に変貌しています。
 
韓国国内の国民はドンドン疲弊し、輸出企業は利益をあげますが、利益は韓国国民ではなく欧米を中心とする資本家に吸い上げられます。韓国人はいくら働いても富を得ることが無いのです。
 
多くの韓国人は韓国社会に失望しています。国民は疲弊するばかりで、セウォル号の一件から韓国で移民を希望する人が急増していると報道しています。 北米、オーストラリア、カナダに移民していましたが、最近は北欧に足を延ばしています。
 
ホームレス生活・韓国
 
デンマークに暮らす韓国人が2013年には83%増えました。オランダでは永住権を取得した韓国人が2年間で38.9%増加。ノルウェーでは26%増えています。
 
韓国の企業に勤める会社員の70%が、出来る事なら移民したいと言うデータがあるぐらいです。どれほど韓国人がグローバル化によって苦しめ荒れているかがわかるでしょう。
 
韓国がグローバル化され国民が疲弊する流れは、我々日本にも当てはまります。TPPがほぼ妥結していますので、ジワジワと我々が知らない間に国民は疲弊していきます。
 
多くの国民が疲弊していきますが、気付いている人はごくわずかです。また、気付いていても、行動に移している人はさらに減ります。中間層がまだまだ太い日本であれば、起業したり副業を持って収益を上げるのは間に合うでしょう。
 
どうにもならなくなる前に、手を打たないと韓国人やアメリカ人のように絶望から脱出できなくなります。
 
スポンサードリンク

 

下記のバナーをクリックして頂けますとブログに10ポイント加算されます。1日1回のみ有効です。ご協力、宜しくお願い致します。
にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

qlock

QLOOKアクセス解析
ページ上部へ戻る