韓国は株主資本主義によって毎日、欧米から搾取されている

株主資本主義

外国人株主の管理下に置かれている韓国は、経済が成長しても国民が疲弊していくと言う恐ろしい国に変貌してしまいました。まさにグローバル資本に乗っ取られた国と言っていいでしょう。
 
グローバル企業や国際金融資本は株主資本主義です。大手輸出企業のモデルは株主資本主義を徹底的に追求した結果です。韓国経済が、韓国が、株主資本主義になってしまったのは対岸の火事ではありません。
 
わが日本はもちろん、世界中の国が同じ仕組みに変貌しつつあるのです。
 
諸悪の根源ともいえる株主資本主義は「株主に対してより多くの配当をすることが企業の存在意義」としています。損益計算書を聞いたことがあると思います。企業の財務を知るうえで欠かせないものです。
 
いつもの応援クリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
 
スポンサードリンク

 

米国人、韓国人のように世界中の人が更に搾取される仕組み

 
損益計算書
 
売り上げから各種経費を引き、税引き前利益が残ります。ここから法人税が差し引かれ、純利益が残り、ここから配当金が支払われます。ここで支払われる配当金を最大化するためにあらゆる手段を使うのが株主資本主義です。
 
これは従業員や消費者に重きを置かず、株を持っているオーナーを第一に考えるしそうです。金がもうかるのであれば、従業員や消費者など問題ではないのです。これを実践に移しているのがグローバル企業です。
 
アメリカの保険会社は、可能な限り保険料を高く取り、可能な限り支払わない戦略を取っています。日本の保険会社でも、アメリカまで酷くなくても、似たり寄ったりな面はあります。
 
高い保険料を支払い続けてくれる富裕層には手厚く保障し続け、保険料を払えなかったり滞納している低所得者は相手にもしません。アメリカは日本の様な皆保険制度がありませんので、ちょっとしたことで破産しかねないのです。
 
韓国は欧米資本にどっぷりつかっています。保険を例にとると、韓国人から可能な限り高額な保険料を搾取します。韓国人が怪我をしたり、病気をした場合、可能な限り難癖をつけて払いません。
 
司法に訴えようモノなら政府を通したり、別の方法で圧力をかけます。そして巨額の利益を出した保険会社の社員の給与は据え置きにし、配当金を最大限に増やします。
 
この配当金が韓国国内の韓国人に回ればまだマシですが、外国に消えてしまうのです。これではいったい誰のための保険なのかわかりません。これが米国と韓国で特に勧められている株主資本主義です。
 
スポンサードリンク

 

下記のバナーをクリックして頂けますとブログに10ポイント加算されます。1日1回のみ有効です。ご協力、宜しくお願い致します。
にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

qlock

QLOOKアクセス解析
ページ上部へ戻る