貿易依存度の高い韓国は周りに常に翻弄され続ける

韓国経済崩壊

数年前のマスコミはサムスンが素晴らしく、日本企業はダメだとこけ落としていました。しかし、今ではウォン高とスマホ事情の低迷により、ジワジワと売り上げ、利益が下がっています。そもそもサムスンや韓国が躍進したのは、IMF管理下の際のウォン安政策が効いています。

超円高で苦しんでいた日本企業を見ればわかりますが、自国通貨が高くなれば海外での販売価格が上がります。この逆(通貨安)ならサムスンやヒュンダイのような輸出企業には有利です。

イ・ミョンバク氏は韓国企業を儲けさせるため、更に輸出依存度を高めました。ウォン安政策を次々と打ち出しました。2008年のリーマンショックの際、ウォンは暴落寸前で危機状態でした。

いつもの応援クリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ

スポンサードリンク

周りに依存し自立できない国に未来はない

通貨危機を脱出した後は輸出の伸びが順調に伸びて、経済成長をしました。1997年にどん底であったウォンも少しずつ高くなり、ウォン高もあって輸出が頭打ちになりました。韓国経済が傾いたときに、リーマンショックがやってきたのです。

イミョンバク氏はリーマンショック後の通貨危機を逆手に取ります。ウォン安を安定させることで、サムスンなどの輸出企業を海外依存度を加速させました。輸出で成長させる国に加速させました。

通貨安と輸出国家(企業)にすることで、韓国経済を復活させるストーリーに韓国財閥が乗りました。この政策によって財閥企業は追い風になり、韓国企業が世界中で活躍しました。

貿易によって韓国を発展させようとする方法は、一部の富裕層や利権を持つモノにとっては好都合です。韓国の貿易依存度は2011年では96%、2012年度は110%と伸びています。(貿易依存度とは一国の国内総生産(GDP)または国民所得に対する輸出入額の比率(輸出依存度、輸入依存度)をいう。)

韓国経済崩壊

ちなみにノムヒョン時代の韓国は、貿易依存度が50%程度でした。数年間で猛烈に貿易に依存する国に変わったことがわかります。日本の貿易依存度が27&、アメリカが25%、中国が40%、ドイツが60%ですから、いかに韓国が貿易に頼っているかがわかります。

世界経済が伸びているときの韓国経済は伸びは高いですが、残念ながらBricksや先進国の伸びは縮小しています。アセアンは伸びていますが、そもそもの母数が小さいので、大きな貢献はありません。

日本、中国、米国は内需が大きいので、世界経済が大きく揺れても、致命的なけがは老いづらいです。しかし、韓国の場合、内需が小さく、国民一人一人の借金が大きいので、出血が止まらない構造になっています。

この構造は変わることがありませんので、韓国人は格差と寡占化、外需に翻弄され続けることになるでしょう。

スポンサードリンク

下記のバナーをクリックして頂けますとブログに10ポイント加算されます。1日1回のみ有効です。ご協力、宜しくお願い致します。
にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

qlock

QLOOKアクセス解析
ページ上部へ戻る