2015年も格差が拡大し、格差が身分制度を固定化させるだろう

自己責任の日本

あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

2015年が始まりましたが、政治の体制は安倍政権が今後もグローバル化をすすめます。TPPはもちろんですが、TPPの陰に隠れた小さな複数の規制緩和が、静かに採択されていきます。

TPPというドラスティックなモノに囚われている間に、政府は静かに行動をするのが常です。いずれにしても日本はアメリカや韓国のように、超競争かつ格差が固定化する社会に更に進みます。

格差が拡大するのは一部の人は十分に感じていて、すでに準備に取り掛かっています。人はどこかの企業に勤め続けるのが不可能になっていますので、自分で自分を養えるビジネスを持たないと、常に搾取される側になってしまいます。

いつもの応援クリックよろしくお願いします。
 にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ

スポンサードリンク

世界がどう変わろうと日本人の能力なら対応できる

日本以外の国を見ればわかりますが、強烈な格差があります。生まれた瞬間から1日1食も食べれず、教育を受けることが出来ません。識字も怪しく、計算なんてもってのほかです。

恐ろしく簡単な掛け算、割り算が出来ない人がゴロゴロしているのです。そんな人たちもいれば、アメリカのハーバードやMITなどに留学し、グローバル化を叩きこんで母国へ帰り、国の中枢に位置したり、ビジネスマンとして活躍します。

日本のニュースでようやく取り上げられていますが、子供の貧困化が顕著です。親が非正規やシングルマザーなどの貧困層なので、学校に必要な経費をねん出できません。

学校で貧乏と言うレッテルを貼られ、苛められ、不登校になる子供は続出しています。

教育を受けずに社会に放り出されれば、当然、非正規の仕事にしか就くことが出来ません。月給が安い不安定な職業以外に選択が出来ません。さらに年齢を重ねれば、非正規の仕事さえ断られます。

IT化によるグローバル

貧困が連鎖するのは日本に限ったことではありません。日本以外の国も貧困が連鎖し、富める者は高い教育を受け、更に富みを増やします。貧困層はいつまで経っても貧困のままで生涯を終えます。

この富裕層と少しの中間層、そして多くの貧困層と言う社会が日本にも、残念ながら馴染みつつあります。世界一平等感があり、世界一成功した社会主義国家と言われた日本ですが、今は跡形もなくなりました。

こう書きますと絶望的に感じますが、他の国と比較すると全然マシです。まだまだ日本人には日本や世界で活躍出来る学力があり、最強のパスポートがあります。我々の頭の中にある資源は、世界で十分に対応できると確信しています。

格差が固定化し、身分制度のようになっていきますが、この固定化してしまう前に自分のビジネスを作り、あらゆる国で活躍できる力を身につけましょう。

今年も頑張りましょう。

スポンサードリンク

下記のバナーをクリックして頂けますとブログに10ポイント加算されます。1日1回のみ有効です。ご協力、宜しくお願い致します。
にほんブログ村 経済ブログ 世界経済へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • あおいーく
    • 2015年 1月 03日

    あけましておめでとうございます。
    今は、給料の遅配も無く、ボーナスも支給され、経営環境の良い会社に潜伏してますが、
    そんな状況に居る今こそ、会社員としてではなく、個人としての能力を磨き、
    不測の事態に備えるのではなく、好機を掴む人脈造りをしていかなければと・・・

    タイガー師匠の記事を読みながら再認識しております。

    「ワーキングプア」と呼ばれる方々は、努力を怠ってソコに居るのだと思います。
    「ワーキングプアを無くす」と行政が最低賃金を引き上げるが為に、その方々は無職に。

    極端な例えですが、高度な技術や機器を要しない簡易清掃業務が¥2000/日なら
    気軽に頼めても、最低賃金¥838/時で8時間:¥6704/日では頼まない。

    貧困ながら定収入の有る生活が、最低賃金の所為で無収入になっている場合も有ると思います。
    橋下さんの政治思想すべては同意できなくても、最低賃金撤廃という部分は同意します。

    私の様な思想が、格差拡大を助長してしまうのでしょうか?
    頑張ったヒトと頑張らないヒトの収入や生活が均一なほうが不幸だと思います。

    教育や訓練で、人間としての能力や知能は成長しないと思っています。
    努力してもプロスポーツ選手になれなかったり、士業の資格が得られないなど、
    その個人の限界を知る良い機会だとは思います。

    でも、知識を得て、技術を覚え、経験を重ねることによって仕事に精通するのは可能。
    努力で到達できるコトは誰にでもチャンスが有るハズなので、努力は無駄にならない。

    タイガー師匠の書かれてる通り、「皆平等」という過去の考えを捨て去り、
    身の丈は超えられなくても、身の丈イッパイの努力が大切という教育が必要と思います。

    本年もよろしくお願いします。

      • タイガー
      • 2015年 1月 12日

      返信が遅くなりました。

      本年もよろしくお願いいたします。

      今年はなかなか更新が遅れそうです。

qlock

QLOOKアクセス解析
ページ上部へ戻る