カテゴリー:グローバル化の影響は

  • Business Process Outsourcing

    仕事が減るのを黙って見るか、高い賃金を下げるかの選択

    サラリーマンの定年が65歳ですが、定年後に年金を受給し始めたとしても、当面は退職金などもあり生活は成り立ちますが、10年後にまだ余裕がある生活かどうかはわかりません。 現在、年金を貰っている世代と、我々が数十年後にもらう年金の額は大きな差があるからです。いつ、どれぐらい日本政府が年金をカットするかは不明ですが、減らさざるを得ないと言う論調は常にマスコミから発信されています。 多くの二サラリーマン世代の中で、年金はもらえないかもしれないという認識がすでに広がっていますので、少しずつカットされていっても大きな暴動にならないでしょう。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ホリエモン・炎上

    『格差の何が悪い? 頑張って成果だしたら報われる社会を否定すんなボケ』は間違っていない

    ホリエモンが『頑張って成果だしたら報われる社会を否定すんなボケ』とツイートしたことで、なかなか盛り上がっています。彼の発言の方法は何らかの意図があるのか天然なのかは不明ですが…。多くの日本人が格差を否定します。もちろん私も否定していますが、格差から逃れることはできません。グローバル化について数冊読めば、格差から逃げることは無理だなと日本人ならすぐ理解できます。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ナイキインドネシア暴動

    TPPなどのグローバル化政策はすでに富んでいる者のみに恩恵がある

    多国籍企業が途上国に工場を作り、安い人件費で労働者を雇用し、先進国で販売し利ザヤを得ているのは当たり前のことです。しかし、この利ザヤは多くの犠牲の上に成り立っていることを知るべきです。ナイキの動画は有名ですが、他の多国籍企業も似たり寄ったりです。多国籍企業にはもちろん日本企業も含まれていて、私たちの目に触れないだけで、途上国の現地の人に相当な負担をかけていることは容易に予想できます。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • TPP

    TPPという巨大な規制緩和は、強烈な競争を生み、人の命を削る

    マスコミや政府は規制緩和、構造改革こそが経済成長を促すような報道をします。しかし、規制緩和によって必要以上の業者が参入してくるため、現場で働く日本人の給与は軒並み圧縮されます。 デフレ下、規制緩和、緊縮財政、公共支出削減などが続いた結果、日本人の給与は下記の画像のように下がり続けています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 格差社会

    グローバル化の先にあるのはアメリカのような格差社会であることを知る

    グローバル化に対応するためにTPPやFTAなどが施行されつつあります。グローバル化が進めばどういった国に変化していくかを知るのは、アメリカを見るとわかります。数か月前まで十分な給与を貰っていたにも拘らず、リストラされたのちに仕事を見つけることは非常に難しくなっています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SteveJobs

    スティーブジョブズが言う「他人の人生を生きることで時間を無駄にしてはいけない」とは…

    スティーブジョブズが言う「他人の人生を生きることで時間を無駄にしてはいけない」とは…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 三洋電機リストラ

    グローバル化によって中高年の首切りが加速

    では新卒が日本人以外の外国人に比重が置かれつつあることを紹介しました。新規採用に外国人を採用し、ソフト開発やコールセンターなどがオフショアによって海外に丸ごと流れてしまいつつあります。 こういった現状の中で既存の社員がどうなっていくかというと、新興アジア企業との競争が激しい分野では、高い人件費に耐えられなくなり、合併や再編を行ったうえで、希望退職の募集などによるリストラを行ってコストダウンすることで生き残りを図る例が増えています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • バンコクへのオフショアリング

    オフショアリングによって失われつつある国内雇用

    海外へ業務を委託するオフショアリングはアメリカが主流でした。同じ英語を話すインドをが拠点になっていましたが、最近ではフィリピンへのオフショアリングもインドを超える勢いで増えています。 日本語の場合、世界的に見ればマイナーな言語であるためオフショアリングの受け入れ先は、なかなか見つかりませんでした。しかし、中国の大連が市長の采配による誘致活動でアウトソーシング受託の一大拠点に成長しました。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 大連ソフトウェアパーク

    NECをはじめ多くの企業が海外に業務を委託している

    グローバル化による海外移転と言えば製造業を思い浮かべますが、あらゆる業態が人件費の安い新興国へ外注しています。NECは北京や上海に自社資本で開発拠点を持ち、中国人技術者たちがソフトウェアの開発を行っています。 NEC本体の社員は「現場でリーダーを務める自分が国内10人前後のチームを率いつつ、中国の100人もの同時に遠隔操作で管理しています。ソースのチェックはもちろん教育も行います。」と話しています。
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

カテゴリー

アーカイブ

qlock

QLOOKアクセス解析
ページ上部へ戻る